【コピーライティング】写経を1年間続けたら人生変わったお話。

写経先輩による、写経の効果、やり方、コピーの要素などのお話。

コピーライティングで興味性を強くして読み手を惹きつける3つの方法!

あなたの文章、広告、セールスレターを読み進めてもらうためには、読み手の興味を引く必要があります。文章を最後まで読んでもらい、行動に移してもらうためには、あなたの文章を興味深くしなければならないのです。

 

今回の記事では、意図的に興味性を強くして読み手をガチッと惹きつける、コピーライティングの考え方、テクニックについてお話しします。

 

読み手が「読んでくれない」という大きな壁

どんなにあなたが素晴らしいコンテンツを作って、それを売るぞ!と意気込んで、リストを集めるために広告を出したり、メルマガの文章を書いたり、セールスレターを書き上げたとしても、

 

それをお客さんが読んでくれなかったら、そもそもそのコンテンツが売ることができないのです。

 

なので、まずはあなたの文章を読み進めてもらうために、文章を興味深くするためのコピーライティングのスキルを身につけるのが良いと思います!

 

興味性を強くして読み進めてもらうための3つの方法!

では、実際にどのようにすれば興味性を強めることができるのかについて、シェアします!写経する中で感じたテクニックや、コピーライティングの有料無料のコンテンツから学んだことについて話していきますね!

 

方法①:パワフルな単語を使う

パワフルな単語を使うことを意識するだけでも興味性を強くすることができます。

 

例)

・さっき転んで怪我をした。

・さっき転んで骨が折れた。

→「怪我」という単語よりも「骨折」という単語の方がパワーが強く、興味深いです。

 

あまりにも文章の流れがおかしくなるような単語だったり、大げさすぎる表現は避けた方がいいと思いますが、常に、より興味深い言葉はないかな?と意識するのがいいんじゃないかなと思います。僕も忘れがちなので、もっと意識しないと、ですね!

 

方法②:具体的に書く

抽象的な表現を具体的なものに変えるだけでも興味性を強くすることが可能です。

 

例)

・さっき転んで怪我をした。

・さっき坂道で勢いよく転んで骨折した。

→「転んで」を具体的にすることで興味深くすることができます。

 

さっきのパワフルな言葉を使う方法と共通する部分もありますね。具体的に書くと、必然的に言葉や表現がパワフルになってきます。

 

また、文章を見て、その場面を五感的にイメージさせてあげることが興味性を強めるためのポイントの一つです。読み手が、文章を読んでイメージができるように具体的に書きましょう。

 

方法③:ストーリーを入れる

人はストーリーが大好きです。ストーリーが始まるとついつい読み進めてしまうのです。なので、あなたが書こうとしている文章のテーマにマッチしたストーリーを入れると、読み手は「お、何だろう?」と読み進めてくれます。

 

ストーリーで興味性を強くする時のポイントがあります。ドラマを入れる、ということです。

 

うまくいかなかった時、うまくいった時

嬉しい時、悲しい時

恐怖を感じた時、ハッピーを感じた時

問題点・悩みが多い時、解決して穏やかな時

 

ストーリーでは、こうした感情の起伏や、恐怖とベネフィットなどのドラマを入れて、パワフルに具体的に書くことで、文章の興味性を強くすることができます。

 

興味性を強くし読み手を惹きつけるコピーライティングのスキルを磨いていこう!

以上、文章を興味深くするコピーライティングの3つの方法についてお話ししました。

 

まとめると、

①パワフルな言葉を使う

②具体的に書く

③ストーリーを入れる

ということでした。

 

この3つの方法を意識しながら文章を書くようにしてみてください。習慣的に意識することで、だんだん自然に興味性の強い文章がかけるようになってきて、読み手を引きつけて行動させることができるようになってくると思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!