【コピーライティング】写経を1年間続けたら人生変わったお話。

写経先輩による、写経の効果、やり方、コピーの要素などのお話。

【FB広告】メルマガリストを獲得したいならシングル画像広告を作ろう!

f:id:appyd28:20180911081438j:plain

こんにちは、写経先輩です。

今回も、Facebook広告(以下、FB広告)でどうこうする、というような内容をお伝えします。

 

この記事では、FB広告でメルマガリストを増やしたいと思っている方向けに、最適な広告の型をお伝えします。

 

・FB広告を使って自分のファンを増やしたい

・メルマガリストを増やして見込み客を集めたい

 

というような方向けです。

 

シンプル・イズ・ザ・ベスト

僕はメルマガリストを集める広告しか回したことがないので、他の目的の広告でどうなのかわかりませんが、メルマガリストを集める広告に関して言えば、シンプルな広告がもっとも反応率が高い感じがしています。

 

そもそも広告って、長い時間、目を留めて見るようなものではないと思うんですよね。

 

そこでやたらと文章が長い広告だったり、動画広告だったり、写真がたくさんある広告を回しても、そんなに大きな効果は見込めないと思うのです。

 

シングル画像広告がナンバーワンな件

実際に僕が回していた広告も、かなりシンプルなものでした。1件の広告に対して、画像1枚と文字のシンプルな広告を使っていました。シングル画像広告と言います。

 

このシングル画像広告でも、1リスト / 500円を安定してとれていたので、シンプルな広告が、反応率が高いと言えると思います。

 

なので、あなたがメルマガリストを集めることを目的に広告を回すのなら、シングル画像広告をおすすめします。無駄に複雑な広告を作ると、逆効果かもしれませんのでご注意くださいね。

 

シングル画像広告でコスパを高めるワンシング

次に、じゃあ僕が実際にシングル画像広告でどうやって、費用対効果を高めていっていたのかについてお話します。

 

ズバリ・・・

テスト、テスト、テストです。

ただ、それだけです。

 

シングル画像広告だけに言えたことではありません。FB広告では、とにかくテストを積み重ねて、反応の取れる広告に成長させていくことが重要です。

 

シングル画像広告の強みの一つとして、テストを行いやすいというものがあります。

 

広告セット一つに対して、6件のシングル画像広告を設定できるので、1度に6枚の画像のクリック率やコンバージョン率をテストすることができます。(設定次第では1度にもっとテストできます。)

 

また、複雑な動画や文字などを使うわけではないので、ラク〜な感じでテストをすることができます。頑張って作った広告が全く反応が無かったら悲しくなりますけど、シングル画像広告では、そのようなことがありません。

 

「まあ、この中から1つでも反応の良い広告が出てきたらそれでいいか〜」というような軽い感じでテストすることができます。

 

FB広告で本当に、大切な考え方なのでもう一度伝えます。

 

「テスト、テスト、テスト」です。

 

これに限るのです。

テストするごとにどんどん反応率が高くなってくるので、ゲームが好きだったら楽しくなってきますよ!

 

メルマガ獲得にはFB広告のシングル画像広告を!

こう言うと、Facebook広告の回し者かと思われそうですが、メルマガ獲得にはFB広告が、本当にコスパが良いです。その中でも、今回おすすめしたシングル画像広告は、テストを繰り返して反応率を上げていく戦略をとるにあたって、すごく向いている広告です。

 

「じゃあ、具体的にどうやってテストして反応率を上げていけば良いの?」

 

具体的なテスト方法、クリック率とコンバージョン率を高めるFB広告のテスト方法についてはまた別の記事で書きますね!

 

最後までお読みいただき、感謝です!