【コピーライティング】写経を1年間続けたら人生変わったお話。

写経先輩による、写経の効果、やり方、コピーの要素などのお話。

【YouTube】クオリティの高い動画を作成するために大切な心構えとは?

f:id:appyd28:20180911030325j:plain

 

こんにちは、写経先輩です。

写経先輩なのに、写経のことではなくYouTube関連の記事を書きます。w

 

今回は、クオリティの高い動画を作成して、チャンネルパワーアップの流れに乗ろう!というような記事になります。

 

チャンネルを成長させる正攻法は、質の高い動画を継続的に増やしていくことがあります。

 

これさえ継続できていれば、必然的にチャンネルパワーが高まり、ラク〜に狙ったキーワードで上位表示&再生回数アップすることができるので、YouTubeアドセンスや、動画からの集客に活用することができるようになります。

 

クオリティの高い動画とは?

じゃあ、クオリティの高い動画ってどんな動画なの?

という疑問が必ず湧いてくると思います。あなたはどう思いますか?あなたにとってクオリティの高い動画とは、どのような動画でしょうか?

 

面白い動画?

編集技術がすごい動画?

感動する動画?

役に立つ動画?

 

いろいろ出てくると思いますが、僕は全部、合っていると思います。

これらのクオリティの高い動画の共通の要素はこれだと思います。

 

視聴者が価値を感じる動画

これに尽きます。視聴者に価値を与える動画を作成すればいいのです。これさえできるようになってしまえば、どんどんチャンネルの力が溜まっていくのです。

 

じゃあ、今度は、視聴者に価値を与える動画を作るためにはどうしたらいいのか?ということです。

 

これも、一度問います。あなたはどう思いますか?

僕なんかの考えよりも、あなたが考えて出した答えの方が合っているかもしれません。ですが一応、僕の考えをお伝えすると・・・

 

方法その1:誰にその動画を届けたいのか意識する。

ただ動画を作る。これだと、ただ自分のアウトプットを動画にしているのと同じです。

 

誰かに伝えたい、というその想いが動画作成では大切だと思うのです。

 

・どんな悩みがあるのか

・どんな願望があるのか

・どんな情報が欲しいのか

・年齢は?

・生活環境は?

・どうなりたいのか?

 

具体的であれば具体的あるほどいいと思います。ターゲットを一人の人に絞って、その人のためだけに動画を作成する、というイメージです。

 

そうすることで、そのターゲットにとって、ものすごく価値の高い動画を作成することができます。さらに、そのターゲットに近い人なども価値を感じてくれる、質の高い動画を作ることができるのです。

 

方法その2:視聴者が求めている情報を提供する。

方法その1で絞ったターゲットが求めている情報を、動画で提示します。

 

あなたが伝えたい情報ではなく、視聴者が求めている情報を提供する、という考え方が大事になります。「俺はこれを知ってるぜ〜、だからこれを教えるぜ〜」じゃダメということです。

 

「あなたは、これこれこういうことで悩んでいるんですよね?これこれこういうふうにしていきたいんですよね? それなら、こういう考え方や方法があるのですが・・・」みたいな感じで、相手が求めていることを伝える感じです。

 

なので、絞ったターゲットになりきって、どんな情報が欲しいのかをイメージしたりして、求めていることを理解する習慣をつけましょう。

 

もちろん、情報だけが価値ではないと思います。笑いを求めている人、ワクワク感を求めている人、感動を求めている人などもいると思います。大切なのは、あなたが誰のために動画を作成するのかしっかりと決めて、その人が求めていることを提供する、ということになります。

 

ハイクオリティ動画の心構え:価値を与える動画を作ろう!

以上、質の高い動画とはどういう動画なのか?視聴者が価値を感じる動画とはどんな動画なのかについて、僕が現状でわかっていることをお伝えしました。

 

実は、簡単にターゲットを絞れて、簡単に相手が求めている情報を提供する方法があります。それについてはまた別の記事で書きますね!

 

それから、さらに突っ込んだテクニック的な話。弱小チャンネルの動画でも再生回数増やしていく方法などについても今後の記事で書いていきたいと思います!

 

共に成長しましょう!それではまた〜。ばいちゃ。